虫歯・歯周病から歯を守る「予防」をはじめましょう

虫歯・歯周病から歯を守る「予防」をはじめましょう

「虫歯ができたから」
「歯周病になったから」

こういった、何らかの症状が起こってからはじめて歯医者に行くという方が、ほとんどではないでしょうか。しかし「なってから」の治療では、歯や歯ぐきを元の一番健康だった状態に戻すことはできません。たとえば虫歯なら感染した歯質を削らなくてはならず、ダメージを避けることはできないからです。

さらに一度治療をすれば、歯や歯ぐきは再発のリスクを背負い、治療をくり返して最後には歯を失ってしまうことに……。こういった事態を避けるために、近年では「なる前に行く」予防のための通院が見直されているのです。都営浅草線「本所吾妻橋駅」からすぐ、墨田区の歯医者「むとう歯科」の予防歯科では、予防に力を入れています。お口の健康維持のための通院を、当院ではじめませんか?

海外と日本の予防意識の差

歯科先進国である欧米では、かねてから予防意識が高く、病気になる前から定期検診に通う習慣がしっかり根づいています。それに対し日本ではまだ予防意識が低く、定期検診に通う習慣がある人はまだ多くありません。その違いは、年齢を重ねてからの歯の残存数に顕著に表れています。

~定期検診の習慣と歯の残存数の関係~

 

スウェーデン

スウェーデン

アメリカ

アメリカ

イギリス

イギリス

日本

日本
定期検診の習慣が
ある人の割合
90% 80% 70% 2%
80歳時点での
歯の残存数
20本 17本 15本 8本

この表を見てわかるように、予防意識は歯の残存数に直結しています。未来の自分のためにすべきことが何なのか、もうおわかりなのではないでしょうか?

予防のメリット

Merit1
お口の健康を維持できる
Merit2
費用の負担を減らせる
Merit3
治療時の痛みを軽減できる
虫歯や歯周病の発症をあらかじめ防ぐことで、お口の健康を維持し、歯を長く守ることができます。 症状が悪化してからの治療は難易度が高くなり、どうしても治療回数が増してしまいます。予防によって治療が不要になれば、治療費の負担も減らすことができます。 定期検診に通っていれば早期発見・早期治療が可能になるうえに簡単な治療ですむため、痛みも少なくてすみます。

~むとう歯科の予防歯科について~

当院では予防処置について、基本的に担当衛生士制をとっています。在籍する3名の歯科衛生士が一人ひとりのお口の傾向を一貫して把握することで、虫歯や歯周病にしないための効果的なケアを可能にしています。

生涯自分の歯で過ごせる幸せは、はかり知れません。大人も子どもも、「なる前の予防」をはじめましょう。

当院の予防メニュー

定期検診
定期検診 日々少しずつ変化するお口の状態を、定期的にチェックするとともに、専門的な予防処置を行います。治療が不要になり、またもし必要な症状が見つかっても早期の治療が可能になることで、お口のダメージを回避することができます。
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング) 歯科衛生士が専用の器具を使って行う歯のクリーニングです。毎日ブラッシングしていても落とし切れないプラーク(歯垢)や歯石を取り除き、虫歯・歯周病の予防につなげます。また口臭改善や軽度の着色除去も可能です。
ブラッシング指導
ブラッシング指導 「みがいている」のと「みがけている」のとで、大きな差が生じるのがブラッシングです。そこで歯科衛生士が、一人ひとりのお口の状態に合った正しいブラッシング方法を指導します。初診時でも、その日のうちに指導が可能です。日々のケアの質を高めるために、しっかり身につけましょう。
フッ素塗布
フッ素塗布 フッ素は歯質を強くし、虫歯への抵抗力を高める効果を持っています。そこで定期的に歯の表面に塗布することで、虫歯を予防します。乳歯にも永久歯にも効果があります。

Web診療予約はこちらをクリック電話番号03-5619-4618)